光整骨Lカイロプラクティック

腰痛・ギックリ腰は、板橋区大山の痛くない整体 光整骨Lカイロプラクティックへ予約制 03-3959-7878


エネルギー体と肉体を再結合する     2019.5.8

   精神的ダメージ等でエネルギー 体が肉体より乖離すると、様々な症状が出たり施術の効果が薄れたりします

 

これまでも必ずチェックしてから施術しておりましたが、乖離する手前の段階(結合力が弱い状態)でも同様の事が起きることが下記の様に確認されました。

 

 

   Sさんはエネルギー診断でさほど悪い感じが無いのに症状の軽減があまり感じられませんでした。

そこで徹底的に検証した結果、やっと「エネルギー体と肉体の結合力の弱さ」が原因であることに辿りつくことが出来ました。

 

 

 そもそもエネルギー療法であるLカイロの作用点はエネルギー体にあります。エネルギー体を瞬時に糺しその情報が肉体に伝わって改善されてゆくので、エネルギー体と肉体の結合力が弱いと糺されたエネルギー体の情報が伝わりにくくなり、施術効果の低下を招きます。

 

 さらに調べてゆくと、結合力20%未満でエネルギー体の乖離が起き始めることもわかってきました。

 

 

 Sさんのエネルギー体-肉体の結合力(EBF)は、21%でぎりぎりエネルギー体の乖離が起きておらず、エネルギー体と肉体の再結合(リコネクト)という対処が遅れてしまいました。大変申し訳なかったと思っています。

 

 

 今ではすべての患者さんに対してリコネクト(Rc)し、EBF100%に戻してから施術をしています。

また一度リコネクトしてもまた結合力が落ちる場合も出てきたので、さらに改良を加え余程の事が無い限り、結合力100%を維持できるように致しました。明らかに従来より施術効果が向上していることを実感しています。