光整骨Lカイロプラクティック

腰痛・ギックリ腰は、板橋区大山の痛くない整体 光整骨Lカイロプラクティックへ予約制 03-3959-7878


強制的休養  (2012.10.31)

 夏の疲れの蓄積が出てくる今日この頃、突然、かなりの痛みに見舞われてしまい、当院を受診される方が、増えてきています。

これは、体が休息を強く要求している注意信号です。

 

 

 私たちは、少しくらいの痛みや体調不良があっても、市販薬等で様子を見ながら、これまで通りの生活を続けてしまうことが、よくあります。 

 一時的に、楽になったり、痛みに慣れてしまい感覚が鈍くなったりして、症状が気にならなくなります。

そして、さらに疲れやダメージが加わるということを繰り返します。

いよいよ、限界に達した時、突然体がストライキを起こし、休まざる負えなくなるような症状が出現します。

対処法 : ぎっくり腰のようにひどい痛みで、動けないような時
治療を早く受けようなどと思わず、じっとしておくことです。1~2日安静にして、ある程度動けるようなってから、治療を受けにいってください。

最初の急性期の強い痛みの時に、無理に動いてさらなるダメージを受けてしまうと、治りが遅くなってしまうし、痛みが増してつらくなります。


*冷やした方が良いのか、温めた方が良いのか?

どちらもしないで、塗り薬程度にしておかれる方が良いと思います。
急性の炎症で熱感、腫れがあるときは、冷やし、急性の炎症が治まったら、温めるのが原則です。

判断ミスで逆を行い、ダメージを重ねるより、どちらもしないでひたすら安静を心掛ける方が最善です。

 

 2012.10.31