光整骨Lカイロプラクティック

腰痛・ギックリ腰は、板橋区大山の痛くない整体 光整骨Lカイロプラクティックへ予約制 03-3959-7878


臨床実例

デトックスの効果

光整骨Lカイロプラクティック施術室

 

2012年7月の終わり頃から、カイロプラクテイック・スペシャルカイロの施術に、デトックスのパワーを加えた結果様々な感想、報告をいただきましたのでご紹介いたします。

◆肌の状態が、すごくよくなった。(40代女性)

 

◆少し残っていた、痛みが消えた。(60代女性)

今まで以上に、体が軽く楽になった。(40代男性)

施術を受けた翌日、いつものように柔軟体操をしたら、体がグニャグニャに柔らかくなっていてビックリしました。(40代女性)

ひどい便秘が解消した(30代女性)

 
髪の毛が、つやつやになり、ボリューム感が出た。(70代女性)

ぐっすり眠れた。(40代男性) 


人それぞれ、老廃物のたまり方等が違うため、デットクスのパワーの効果の出方が色々ですが、喜んでいただけているようです。 

打撲の痛み

光整骨Lカイロプラクティック施術室

ケース①56歳女性: 

滑って自宅の階段の角に尻もちをつきしばらく動けず、ゆっくり歩いて当院受診。かなりヒドく右のお尻を打撲しており非常に強い痛み。


まず軽く触れ痛みを確認してから、衝撃(打撲のダメージ)を抜く。

 

痛みが1~2割減ったので、少し強めに患部を刺激し痛み具合を確認後、衝撃を抜く。

 

すると痛みがまた軽減。この操作を4回ほど繰り返すと、お尻の奥に筋肉の硬結があるものの、ほぼ6割痛みが無くなった。

 

そして気を1,2分流すと、さらに痛み軽減。あとは、全身を施術しバランスを整えて、終了。普通に歩いて帰宅されました。

このようにひどい打撲でも、受傷後すぐに衝撃を抜くと、かなり早く治ってゆくことが、日常的に経験されております。

 

ケース②60歳女性: 

右腕を打撲。内出血で2x3センチ位青くなっていて押さえるとかなり痛む。

 

まず、打撲の衝撃を抜く。もう一度押さえてもらい痛みを確認するとほぼ半減。もう一度衝撃を抜き、30秒ほど気を流す。

 

後は通常の全身施術を行い、帰り際に打撲の状態をみると、青あざが薄くなり周りが少し黄色ががってきている。痛みがやや残る程度に回復。



打撲してから時間がたって内出血していても、衝撃を抜くとかなり早く治ってゆきます。

 

打撲をしたら衝撃を抜くという施術が効果的です。

 

また、交通事故のムチ打ち症にも非常に有効です。

ぎっくり腰

ぎっくり腰

 

 通常ギックリ腰の対処は、安静、冷却、固定。1~2週間で徐々に痛みが治まってゆき、電気療法、温熱療法、手技療法で血行を改善し治癒へと導いてゆきます。 (基本施術) 

カイロ・整体なら骨格矯正、整形外科なら、レントゲン検査、薬(注射含む)が加わります。


ケース① 52歳女性 : 

買い物の荷物を持ち上げた時、腰を痛め、前かがみのまま腰を動かせなくなった。痛みが強く、少しの動きでも顔をしかめてしまう。 

まず、腰の痛みに影響を与えている場所を検査(ガイコツチェックなど)して特定します。

 

この方の場合は腰自体ではなく右肩だったので、 右肩から腕にかけての筋肉異常を解消しました。この間約3分。

 

腰の痛みを確認すると半分以下になり、まっすぐ立てるようになったので、あとは通常通りの全身施術。腰に不安定感があると言われるので、体幹ねじれ調整と、重心調整をして終了。



ケース② 30歳男性 : 
玄関で靴を履こうとして軽いギックリ腰発症。時間の経過とともに痛みが増してきたので当院来院。

下痢気味とのことから、原因はお腹と思い、お腹に少し気を入れると腰の痛みが半減。

 

ベットに仰向きに寝て頂き、お腹を触診するとかなり硬いところが多く、痛みを伴っているので5分ほど気を流す。

 

確認するとまだ、奥のほうに硬さがのこっている。さらに3分気を流すと、ほぼお腹が柔らかくなったので、立って腰の状態を動かして確認していただくと、「痛くない」とのこと。後は全身施術を行い終了。

 

上記のように、痛みのあるところが、効果的な施術ポイントとは限りません。

 

まずは、痛みのもとを、見つけ、施術することが大切です。通常ギックリ腰の対処は、安静、冷却、固定。1~2週間で徐々に痛みが治まってゆき、電気療法、温熱療法、手技療法で血行を改善し治癒へと導いてゆきます。 (基本施術) 

カイロ・整体なら骨格矯正、整形外科なら、レントゲン検査、薬(注射含む)が加わります。

スポーツ障害(ひざの痛み)

スポーツ障害施術室

中1男子 サッカー少年 ひざの屈伸時に左ひざに痛み。


まずひざを屈伸して、痛みを確認してもらう。半月板、内外側側副靭帯、前後十字靭帯、膝蓋靭帯をチェックするが特に問題なし。体全体のバランスをみると骨盤にゆがみがあり、 右足が1センチ短い。左ひざに常に負担が多くかかっている状態。

大人の患者さんなら、骨盤矯正をして足の長さを整えるが、子供の場合は骨の矯正は後で考える。(筋肉をほぐしただけで、骨のずれは解消されることが多いからです) 
触診すると腰椎3番付近と仙椎2番に筋肉の硬結があったので、指圧刺激してから気を1分位流し筋肉の硬結が解消、足の長さも揃いました。ひざの屈伸をしてもらうと、「痛くない」とのこと。重心を整え終了。

翌日、膝の状態を確認するが痛みも無く、特に問題なかったので、 頭にある膝の治療ポイントから気を30秒ほど流すと、さらになめらかに屈伸できたので、治療終了。

このように、子供の場合は結構早く治り、骨格矯正の必要な場合もあまり多くありません。筋肉異常を解消するだけで 、十分なことが多いです。

 

右足親指の強い痛み

 56歳女性、オーバーワークで過労状態。右足親指に鋭い痛み。靴下などを履く時、少しでも当たると痛みが走り、歩くのもつらい。

以前、同じ症状で、来院されてました。その時は、両腕の筋肉異常が主な原因で、腕の治療だけで、ほとんど痛みが無くなったので、今回も、まず腕をチェックしましたが、痛み変ららず....。

これで腕には、直接の原因が無いことが分かったので、別の場所をチェックすることにしました。首、肩、腰、背、足、頭......しかし、どこにも痛みが消失または、 軽減する場所が、見つかりませんでした。

患者さんは、痛いままなので、つらそうな表情がみてとれ、正直内心、ややあせりました。


このような場合、精神的ストレスが大きく関わっていることが考えらるので、気導術のストレス遮断法を施術。しかし、変化なし。区民検診で、尿酸値等の血液検査にも異常なし。

「手詰まりか」との思いが一瞬、頭をよぎりました。

体のどこも診ても、痛みが変化しないということは、逆に考えると体のすべての状態が低下しているのでは?と思いました。

そこで、経絡のコントロールにより、気の流れを整え、丹田(おへその下)と百会(頭のてっぺん)というツボから、気を流しました。1分位すると、あれだけ痛がっていた患者さんが、「痛みが少し楽になってきました。」と、うれしい発言。

内心ほっとしながら、 「今回は、どこどこが悪くて、足指に痛みが出たというのではなく、体全体のエネルギーレベルが、かなり低くなっていたのが原因でしたね。」と、説明しながら、3分ほど気を流し続けると、「痛くなくなりました。」と、患者さんの笑顔が見られました。

 

あとは、通常通り、全身を施術して、終了。いつもは、余裕をもって、治療にあたっているのですが、たまに難しい症例に出会うと、非常に勉強になります

発達障害・自閉症

 

発達障害(自閉症疑い)の1歳8ヶ月になる男子は、目線を合わせる事ができず、指差しや発語もなく、言葉掛けにも全く反応もない状態でした。

 

 お母さんが、息子さんが1歳位の時に異変に気付き、療育を受けながらも、ネットで自閉症に効果があると書かれているものを探しては、藁をもすがる思いでさまざま試しされてきたものの、全く効果がなかったそうです。  

 

  遠方でしたので、初めから遠隔での施術となりました。霊的マイナス要因の対処、体幹体軸骨格調整、頭蓋調整、forブレインなど脳細胞を活性化するパワーを送りました。
 施術の後、目を合わせてくれる頻度が増え、自分から笑顔を見せて何となくコミュニケーションがとれるようになり、療育の先生や発達相談の保健師さんからも「先月と比べて別人のように伸びている。何か新しい事を始めたりしましたか?」と尋ねられたそうです。

 

 1か月後2回目の施術:前頭前野、ブローカー野、ウエルニッケ野へのアプローチを加えました。 
 2週間後の経過報告:男子が自分から手を繋いで一緒に歩けるようになった。 それまでは多動もあり、母親の存在無視で何処へでも走っていき迷子になったりしたそうです。扉の開閉などの常同行動やクルクル回る事も落ち着いてきているとのこと。  

 

  更に2か月後の経過報告:発達外来の主治医から「ここ数ヶ月で社会性など一気に伸びてきている。初診時に見られた自閉的傾向がかなり減っている。今の状態からは明らかな 自閉症とは診断できない。」と言われ、とても喜んでいただきました。

 
ここ数ヶ月でよく笑うようになり、母親を認識して抱き付いてきてくれるようになり、明るい希望が持てるようになったそうです。

        腰痛・痛み・しびれ・不定愁訴に板橋区大山の整体

03-3959-7878(予約制)光整骨Lカイロプラクティック